気象

台風19号 まもなく沖ノ鳥島近海へ「三連休は暴風が東日本を直撃!」(動画)

 大型で猛烈な台風は、今夜にも暴風域を伴いながら、沖ノ鳥島近海に接近する見通しで、小笠原諸島では12日にかけて大しけになるおそれがある。また関東甲信地方も三連休は大荒れとなり、警報級の大雨が降る見込みだ。

今夜には中心気圧905hPa

 9日午前9時現在、台風19号はマリアナ諸島近海を時速20キロで北西に進んでいる。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径240キロ以内では暴風が、その外側にあたる半径650キロ以内では強風が吹いている。

 

 台風の中心は12時間後の今夜9時には、日本の最南端に位置する沖ノ鳥島の東360キロ付近に到達する見込みだが、このときの中心気圧は905ヘクトパスカル、最大瞬間風速80メートルに達し、今シーズン最強クラスになると予想される。

 

 

 台風は次第に進路を北寄りに変えながら、あさって11日には非常に強い勢力を維持したまま四国の南の海上に到達。三連休初日の12日には紀伊半島沖に接近したのち、進路を東寄りに変えて、静岡県から関東地方を直撃する可能性が高い。

 

 中心で渦巻く眼は更に大きくなってきたが、現時点ではどこに接近するかをピンポイントで特定することはまだ難しい。しかし、気象庁の予想によると、この三連休は、西日本から北日本にかけての広い範囲で、台風の暴風域に巻き込まれる可能性が非常に高いとみられる。

 

 

 このため、12日に西日本太平洋側で、12日から13日にかけては北日本から東日本で暴風や警報級の大雨、大荒れの天気が予想される。今年は伊勢湾台風から60年目の節目にあたる。早めの準備を心がけてほしい。

 

 あなたにオススメの記事