気象

台風19号 接近前から気象庁が異例の会見「11日までに備えよ」

 

 今週末12日から13日にかけて、西日本から東日本に接近し、上陸する可能性が高い台風19号について、気象庁は9日、異例の会見を開き、「先月の15号に匹敵する強さの台風だ。接近前の11日までに備えてほしい」と呼びかけた。

12日午後に東海道沖に接近

 9日午後3時現在、大型で猛烈な台風19号は、暴風域を伴いながら、小笠原諸島近海を自転車並みの時速15キロで進んでいる。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルだ。

 

 台風は今後、さらに発達しながら、10日に変わるころには中心気圧905ヘクトパスカルまで下がり、あすは沖ノ鳥島近海を北上し、12日午後にも東海道沖に接近し、加速しながら東寄りに進路を変える見通しだ。

台風の北上で前線も活発化

 気象庁によると、本州南岸には現在、寒冷前線が停滞中で、台風の北上に伴って、前線も東日本付近まで押し上げられ、活動が活発化すると見込まれる。

 

 このため、伊豆諸島ではあす10日夜ごろから大雨になるおそれがあり、台風から離れた地域でも湿った東風が流れ込み、西日本から東日本の太平洋側では10日夜以降、雨足が強くなって、次第に風も強くなる見込みだ。

予報円の東と西、どちらを進むか

 11日になると、中心気圧935ヘクトパスカルと、やや衰えるが、それでも勢力が非常に強いまま、四国の南の海上に到達する。台風の中心が予報円に入る確率は7割のため、現時点でどこに接近・上陸するかを特定するのは難しいが、予報円の西側を進んだ場合は最悪だ。

 

 この場合、近畿から四国、北陸から東北にかけての広い範囲で暴風雨が強まり、1日の雨量は400ミリ以上。また19号は、先月の15号と同じくらいの勢力で日本に接近する見通しだが、大型なので進路が似ていると言っても、被害範囲は広くなる。

 

 一方、実際の台風が予想進路の東側を小回りに進み、仮に直撃を免れたとしても、影響は必至だ。例えば、2013年10月に関東地方に接近した台風26号は、上陸せずに関東の南の海上を通過したが、伊豆大島に記録的な大雨をもたらし、土石流が発生。東京・千葉・茨城で当時の観測史上最大の雨を降らせた。

 

 このため、予報円の西側、東側のいずれのコースを辿っても、西日本から東日本、北日本の広い範囲で暴風や警報級の大雨が予想される。

暴風が始まると屋外では活動できない

 気象庁は「台風が接近するタイミングには最大12時間くらいの誤差がある。暴風が実際に始まってからでは、屋外の行動には命の危険が及ぶ」として、常に最新情報に注意し、“暗くなる前に避難してほしい”と訴えている。

 

 さらに12〜13日は大潮の時期にあたるため、沿岸地域では高潮への警戒も必要だ。2018年9月に、台風21号が関西に上陸した際、大阪湾では「140年に1度」という想定外の高潮に襲われて、関西国際空港の滑走路が冠水。

 タンカーの衝突で連絡橋が損傷する事故が記憶に新しいが、東京湾の周辺も海抜ゼロメートル地帯が多いことから、該当するエリアに住んでいる人は、最寄りの自治体が公開しているハザードマップをチェックしておいてほしい。

 

 とくに15号による被害で復旧作業中の千葉県や伊豆諸島では、再び記録的な暴風雨に見舞われる可能性がある。台風接近前の11日までに準備を行って、家の屋外にあるものは飛ばないよう室内にしまうなどの被害を減らす対策を進めてほしい。

 

 あなたにオススメの記事