気象

台風21号「非常に強い勢力に」小笠原諸島では最大瞬間風速70m!

 台風21号は、中心気圧が935ヘクトパスカルと発達のピークを迎えて、暴風域を伴いながら小笠原諸島に接近を続けている。この影響で小笠原諸島では今夜から次第に風が強まり、あす(24日)明け方から夕方にかけて大しけとなる見込みだ。

 

 気象庁によると、23日午前9時現在、台風は小笠原諸島の父島に向けて時速25キロで北上を続けている。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径130キロ範囲では暴風が、その外側では強風が吹いている。

小笠原諸島はこれから大荒れに

 台風は今夜には父島まで400キロ近くまで到達し、あす朝には勢力を維持したまま、かなり接近する見込みで、その後は進行速度を早めながら日本の東の海上を北上し続け、週末26日にも温帯低気圧に変わると予想されている。

 

 台風の接近に伴い、小笠原諸島では今夜から次第に風が強まり、24日は猛烈な風が吹き、海はうねりを伴って大しけになる見込みだ。また、きょう昼過ぎからは断続的に雨が降り出し、あす未明からは雷を伴って1時間に30〜50ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあることから、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への警戒が必要だ。

 

 小笠原諸島であす朝までに予想される24時間雨量は60ミリで、雨足はその後さらに強まって、24日から25日にかけては100〜150ミリの雨が降ると予想される。

 

 また予想される最大風速(最大瞬間風速)は、23日は15メートル(25メートル)、24日になると50メートル(70メートル)の猛烈な風が吹くおそれがある。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事