リコール

キューピー瓶入りパスタソースに樹脂製リング混入 約8万個を自主回収

 キューピーは23日、イタリアで委託製造し、輸入販売しているパスタソースに、樹脂製リングの一部が混入している可能性があるとして、計8万3664個を自主回収すると発表した。

 

 リコールの対象となるのは、関東から東海、近畿地方など全国18都府県と通信販売で発売していたキューピー アレンジプラスの「トマト&マスカルポーネソース」、同「トマト&ガーリックソース」、同「トマト&バジルソース」の3種で、賞味期限は2022年3月31日までとなっている。

 

 今月上旬、社内で試食していた際に、異物混入に気づいた。10月23日の時点で購入者から連絡がなく、食品工場の製造ラインで一般的に使われている柔らかな樹脂製のリングのため、口を切るなどの可能性は低いという。

 

 WEBで登録するか、現品を着払いで下記宛てに送付すると、後日、商品代金相当のQUOカードが返送される。

 

【この件に関する問い合わせ先と送付先】

キューピー株式会社 お客様相談室「受付センター」宛

フリーダイヤル:0120-811-399

受付時間:平日午前9時〜午後5時半

〒144-0042

東京都大田区羽田旭町11-1

ヤマト運輸 南東京法人営業支店内

 あなたにオススメの記事