防犯

東京・葛飾の愚か者 ズボンも靴も履き忘れ 深夜のブラ珍散歩

 今月28日未明、東京・葛飾区で、下半身に何も身につけていない男が歩いているのを住民が目撃し、警察に110番通報した。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、28日午前1時半ごろ、東京・葛飾区新宿3丁目界隈の路上で、黒いタンクトップ1枚しか身につけておらず、男性器を露出したまま裸足で歩いている男に通行人が気づいた。

 

 目撃者によると、犯人は身長165センチ前後で中肉体型、黒のタンクトップ以外着ておらず、年齢はよくわからなかった。

 

 現場は京成金町線「柴又駅」から西へ600メートルほど離れた商業高校や区立中学が立ち並ぶ住宅街で、当時は雨は降っていなかったが、平均気温は16℃ほどと肌寒かった。警察が公然わいせつの容疑で犯人の行方を追っている。

 


【問合せ先】亀有警察署 03-3607-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事