リコール

電気ケトル「ハンドルはずれ」や「お湯漏れ」約9000台を自主回収

 昨年9月から約1年間にわたって販売されている電気ケトル「ビタントニオ」の一部商品で、ハンドルがはずれたり、熱湯が漏れるなどのおそれがあることが判明したとして、販売会社が自主回収を発表した。

 

 リコールの対象となるのは、三栄コーポレーションの子会社「mhエンタープライズ(東京・台東区)」が2018年9月から1年間にわたって販売した「ビタントニオ 温調ドリップケトル VEK-10-K」計9101台。

 同社によると、ケトル本体のハンドル樹脂部の不具合によってハンドルがはずれたり、熱湯が漏れるおそれがあるほか、電源プレートの配線の接続不良が原因で、内部が焼損する可能性があることがわかった。

 

 問題のある商品のロット番号は、「U08-C」「U10-A」「V05-C」で、ケトル本体の底面に貼り付けられているシールで確認できる。購入者はただちに使用を止めて、下記の専用窓口に連絡すると無償で改善品と交換する。

 

【この件に関する問い合わせ先】

ビタントニオ温調ドリップケトル自主回収窓口

フリーダイヤル:0120-537-241

受付時間:平日午前9時〜午後6時(18日以降は〜午後5時)

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事