火山

連日爆発 桜島であいつぐ!火山雷発生 ISSカメラがたなびく噴煙激写(動画)

 活発な噴火活動が続く鹿児島県の桜島では、昨夜からけさにかけても、高さ2500メートル級の噴煙を放出する爆発があいついで観測された!山頂火口を監視するカメラでも、飛び散る溶岩とともに火山雷が発生する瞬間がとらえられており、国際宇宙ステーション(ISS)からは、長くたなびく噴煙がバッチリ観測された!

噴火活動が活発化

 気象庁によると、桜島では6日午後9時39分、南岳山頂火口が爆発し、噴煙が火口上空2500メートルに上昇、午後11時に2400メートル、7日午前2時36分にも2600メートルの噴煙を放出する爆発があいついでいる。けさ10時過ぎの爆発では2300メートルの噴煙が観測されており、宮崎県まで火山灰が降ると予想されている。

きょう10時にも

 今年に入ってから桜島で発生した爆発的噴火は急増しており、多い日で一日に6回の爆発を観測した。

 

 未明に発生した爆発では、山頂監視カメラでも噴出するオレンジ色の溶岩と、火山雷がとらえられている。また、地上400キロを猛スピードで周回するISSのカメラによって、東へ4キロ以上たなびく茶褐色の噴煙が観測されている。

 

 あなたにオススメの記事