気象

11〜12日「真冬並みの寒気」大気不安定 急な雨・風・ひょうに注意

 日本海の低気圧から伸びる寒冷前線などの影響で、11日から12日にかけて、大気の状態が非常に不安定となっていて山陰地方から北日本にかけての広い範囲で、急な強い雨や突風、ひょうに注意が必要だ。

 

 気象庁によると、日本海西部にある低気圧から伸びる寒冷前線が、山陰沖から九州北部に伸びている。この低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となっており、西日本や、東日本にかけての太平洋側では、雷を伴った激しい雨が降っているところがある。

 低気圧は今夜にかけて発達しながら日本海を東北東に進み、あす(12日)朝には、北海道の南の海上を進んで、低気圧から伸びる寒冷前線が西日本から北日本を通過する見込み。これにともなって、上空5500メートル付近には、真冬並みの寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるおそれがある。

 

 このため、西日本では今夜にかけて、東日本や北日本では12日にかけて、全国的に風が強まり、波が高くなる見込みで、落雷や竜巻などの激しい突風、急に降ってくる強い雨への注意が必要だ。

 

 また、北陸地方では11日昼前から12日未明にかけて、海上では大しけになるおそれがある。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、急いで建物内に移動するなど安全確保に努めるとともに、ひょうが降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理にも注意してほしい。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事