宇宙

11月11日太陽面を横切る水星 NASAから届いた!(動画)

 当ハザードラボでもお伝えしていたように、きのう(11日)は、水星と地球が太陽に対して一直線に並ぶ「内合」が起こった。残念ながら日本では夜にあたる時間のため、太陽面を横切る水星の姿は見られなかったが、米航空宇宙局(NASA)が撮影したばかりの動画を届けてくれた!

 

 太陽系で地球よりも内側を回る水星は、金星と並んで「内惑星」と呼ばれており、これら内惑星が地球と太陽の間に来ることを天文学では「内合」と呼ぶ。

 

 しかし水星の軌道は、地球の軌道面に対して7度傾いているために、内合のときに太陽面を通過していくのが見られるのは、100年に13回のチャンスしか訪れない。

 

 前回は2006年11月9日と2016年5月9日に起きており、日本では2006年は観測できたが、2016年は夜だったので見られなかった。今回も日本時間夜9時半過ぎのスタートだったので、国内での観察はかなわなかったが、太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)が最前線でバッチリ撮影していたので、その動画を2本ご紹介!

 

 

 太陽の前をゴマ粒のような水星が横切っていくのがバッチリ映っているぞ!

 

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事