気象

台風25号「風神」発生!ウェーク諸島から南鳥島近海へ

 12日午後3時ごろ、ウェーク諸島の近海で発達中の熱帯低気圧が台風25号になった。時速40キロで西北西に進んでいる。

 

 気象庁によると、中国語で「風神」を意味する「フンシェン」と名づけられた25号の中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで強風域を伴っている。

 

 西北西に向けて時速40キロで進んでおり、あす未明には小笠原諸島の南鳥島近海に到達して進行速度を落とし、あさって14日にはマリアナ諸島近海に到達。今週末15日には強い台風となって小笠原諸島の近海に接近したのち、Uターンするように再び南鳥島近海に向かう見通し。

 現時点で日本列島に直接影響を及ぼす可能性は低いが、気象庁が今後の動向を注視している。

 

 一方、フィリピンの東方沖でももうひとつの熱帯低気圧が発達を続けており、こちらも24時間以内に台風26号に発達する見通しだ。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事