生物

シャンシャン ウンチは1日8kg「快眠快便」ちょっと痩せた?(動画)

 

 秋どころか、すっかり冬の気配が強まり、毎朝布団から抜け出すのも億劫になる人間たちに比べて、上野動物園のパンダたちは、気温が低い今の季節のほうが、屋外で活発に過ごせるようだ。

 

 12日、最新のシャンシャンの動画を公開した動物園によると、今月初めに行った体重測定では59.8キロと、前回より1.4キロ少なくなってちょっぴりスリムに…。

 

 とはいえ、シャンシャンは現在1日に8キロ前後のフンを出しているから心配はご無用。飼育スタッフによると、ウンチのタイミング次第で、体重も増減することは一般的なのだという。

 

 例年、秋から冬に季節が変わる時期は、おとなのパンダもエサを食べる時間が短くなるため、採食量が減って、ウンチの量が少なることも珍しくないそうだ。シャンシャンにも同様の傾向が見られるため、動物園ではパンダが好んで食べる竹をたくさん調達したり、とうもろこしや大豆の粉などで作ったパンダ団子を与える量を増やして、栄養価管理を行っているそうだ。

 

 こうしたなか、最近のシャンシャンは竹を転がす遊びを覚えた。伝統工芸の職人のような真剣な眼差しを浮かべて、麺棒を使ってそばを伸ばすかのごとく、短く切った竹を床で転がしているようすが動画でとらえられている。

 

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事