気象

台風25号「風神」小笠原近海で非常に強い勢力に…目ハッキリ

 

 15日現在、マリアナ諸島近海で発達中の台風25号「風神(フンシェン)」は、今夜にも非常に強い勢力になって小笠原諸島周辺に接近する予想だ。

 

 気象庁によると台風25号の午前9時現在の中心気圧は975ヘクトパスカル、マリアナ諸島から時速30キロで北西方向に向かっていて、中心から半径70キロ範囲では暴風が吹いている。

台風25号は東へ西へ

 今夜9時には中心気圧965ヘクトパスカルの非常に強い台風に発達して小笠原近海に到達する見通しで、そのときの最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルと広い範囲が暴風域に巻き込まれるおそれがある。

 

 台風は勢力を維持したまま、週末にかけて小笠原諸島周辺を北上し、再び東寄りに進む。週明け以降は南鳥島近海で、もう一度グルリと旋回して西に向かいながら熱帯低気圧に変わる見通しだ。

26号はゆっくりじわじわ西進

 

 一方、フィリピン東方沖の台風26号「カルマエギ」は、今週末にかけて、ゆっくり、じわじわと西へ向かうと予測される。

 

 週明け18日にはルソン島北部を暴風域に巻き込みながら通過し、バシー海峡を抜けて南シナ海をめざすと予測される。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事