生活情報

ベビーベッドで赤ちゃん窒息「扉が開く」事故相次ぐ 国民生活センターが警告(動画)

 今年6月から9月にかけて、木製のベビーベッドに寝ていた赤ちゃんが、床下の収納部分の扉が突然開いて、頭部がすき間にはさまって窒息する事故があいついでいたことが明らかになった。国民生活センターが人形を使った再現テストを行い、危険性について注意を呼びかけた。

 

 事故は今年6月、生後8カ月の赤ちゃんが寝ていたベビーベッドで起きたもので、ベッドサイドの扉が開いて、赤ちゃんの半身が転げ落ち、頭だけが敷布団と側面の柵の間にはさまって見つかったもの。

6月には死亡事故にも…

 別室にいた保護者が発見した当時、赤ちゃんは敷布団に顔が押し付けられた状態で、息ができず、窒息死していた。また9月にも9カ月の赤ちゃんが同様の事故に遭って重体だという。

 

 このベッドは、乳幼児の転落を防ぐため、成長に合わせて床板の高さを2〜3段階調整できるもので、床板の下は収納できるようになっており、側面の一部に扉がついていて、開け閉めできるようになっている。

再現実験

 報告を受けた国民生活センターが、同じ構造のベビーベッドを購入し、事故状況を再現したところ、収納扉のロックが不完全な場合、寝返りした赤ちゃんの体が扉に接触すると、簡単に扉が開くことがわかった。

 

 さらに寝返りしたはずみで体の一部がベッドの下に出てしまうと、足から肩までがずり落ちる可能性があることも判明。乳児は頭が大きいので、体はすき間から出ても、頭は通らずに、後頭部が柵の上部に押し付けられて、うつ伏せ状態になるおそれがあることが指摘された。

 

 

 再現実験を行った国民生活センターは「安全基準に適合した製品であっても、収納部分の扉のロックが不十分な場合は事故が起こる可能性がある」として、保護者に対して、扉の開け閉めの際には手で引っ張るなどして、ロックが完全にかかっているか確認するとともに、扉が簡単に開かないよう、柵の上枠と扉をヒモで縛るなどの工夫も有効だと話している。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事