リコール

「キリン生茶デカフェ」ペットボトルに傷「密閉性保てず」430万本回収へ

 キリンビバレッジは18日、カフェインが含まれていない「生茶」のペットボトルのキャップの密閉性が保たれていない可能性があるとして、約430万本(18万ケース)を自主回収すると発表した。

 

 リコールの対象となるのは、賞味期限が2020年4月20日から6月20日にかけての「キリン 生茶デカフェ」430ml入りペットボトル。

 

 同社によると、製造中に製造設備と容器が接触したのが原因で、ペットボトルの口に傷がつき、一部の商品で密閉性が保たれていない可能性があることがわかった。

 

 これまで健康被害は報告されていないが、ホームページ上に設けられた専用の回収受付登録フォームに入力すると、宅配業者が回収に訪れるか、料金着払いで下記宛てに送ると、後日、代替の対応を行うとしている。

 

【この件に関する問い合わせ先と登録フォーム

キリンビバレッジ「生茶デカフェ」商品係

専用フリーダイヤル:0120-050-602

受付時間:平日午前9時〜午後5時

〒144-0042

東京都大田区羽田旭町11-1

ヤマト運輸南東京法人営業支店内

 

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事