感染症

脳内にサナダムシ「火鍋の肉に寄生」46歳男性てんかん発作繰り返す 中国(動画)

 中国東部の浙江省で、46歳の建築作業員の男性が自宅で麻辣火鍋を調理して食べた後から、めまいや頭痛のほか、てんかんのような発作を繰り返すようになった。2カ所の病院で検査した結果、脳にサナダムシがたくさん寄生していることが明らかになった!

 

 浙江大学病院の黄建栄医師の症例報告によると、朱さんという46歳の男性は1カ月前、市場で買った豚肉と羊肉を使って、自宅で麻辣火鍋を調理して食べた。

「検査費用がない」といったん帰宅

 その数日後から、仕事をしている昼間にもめまいや頭痛を感じるようになり、夜中にも寝ながら手足のけいれんや、口から泡を吹くなどのてんかんのような症状を起こすようになった。

 

 同じ部屋に住む同僚が発作の現場に立ち会い、救急車を呼んで、近くの武漢病院に搬送された。頭部CT検査の結果、脳の内部に複数の石灰化した部分が見つかったことから、医者は詳しい検査をしたほうがいいと勧めたが、朱さんは「検査費用がない」と、一度家に戻ってしまった。

成虫と幼虫の違い

 その後も発作を繰り返したため、あらためて浙江大学病院付属第一医院の門を叩いた。熱帯病や寄生虫の病気が専門の黄医師がMRI検査を行ったところ、脳に多数のサナダムシの幼虫が寄生しているのを確認。

 

 サナダムシというと、きしめんのように平べったくて長いものが腸に寄生することで知られるが、あれは成虫だ。成虫が腸内で産んだ卵が孵化した後、幼虫が腸壁から体内に侵入し、血管を介してさまざまな臓器に移行すると、嚢虫(のうちゅう)症を引き起こし、けいれんや平衡感覚の乱れなど、さまざまな症状が出る。(動画は過去「閲覧注意!2mのサナダムシ 口から引っ張り出す インドの48歳男性」記事より)

 

インドでは死亡も

 症状が起きるまで何年もかかる場合もあるが、この男性患者の場合は、数日前に火鍋に使った豚肉か羊肉のどちらかが十分に火が通っておらず、寄生虫に汚染されていた可能性が高い。 

 

 黄医師の問診に対し、男性は「鍋の中は唐辛子の粉で真っ赤だったから、火が通っているかどうかわからなかった。すごく腹が減っていたし…」と肩をすぼめていたという。患者は入院して寄生虫の駆除と、脳内の減圧措置を受け、現在は回復している。

 

 サナダムシの寄生をめぐっては、日本でも2016年に千葉県の男性が豚の生レバーを食べて感染する事件があったが、今年3月には、インドの18歳の青年の脳内から多数の幼虫が見つかる死亡事件のニュースを報告している。これから本格的な鍋の季節を迎えるが、豚肉の場合は、しっかり加熱してほしい。

 

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事