気象

「寒冷前線」通過中 西日本から東日本で大気不安定続く

 寒冷前線を伴った低気圧が本州付近を通過するため、東日本や西日本では、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になっている。きょうは広い範囲で雷や竜巻などの激しい突風に注意してほしい。

 

 気象庁によると前線を伴う低気圧が日本海を北東に進む影響で、この低気圧や前線に南からの暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に落雷や激しい雨が降っている。

 

 あす(3日)は天気が回復して晴れ間がのぞくが、低気圧の発達に伴って全国的に風が強く、海は大しけとなるため注意や警戒が必要だ。

 

 今夜にかけて発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど早めの安全確保に努めるとともに、雹(ひょう)が降るおそれもあるので、農作物や農業施設、家のまわりの鉢植えなどの管理に注意してほしい。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事