気象

北日本「暴風雪」に警戒を!北海道では「大雪最大1m」5日にかけて降り続く

 オホーツク海で急速に発達する低気圧と、大陸の高気圧の影響で、日本付近は「西高東低」の冬型の気圧配置になっている。あす(4日)にかけてオホーツク海で停滞する低気圧の影響で、東北から北海道にかけては、日本海側を中心に暴風雪が強く、海は大しけが続く見込みだ。交通障害に警戒してほしい。

 気象庁によると、北日本では4日にかけて日本海側を中心に雪を伴う非常に強い風が吹き、海は大しけの予想で、予想される最大風速は北海道と東北地方で23メートル、最大瞬間風速は35メートルだ。

 

 この影響で海は波が高まり、あさって(5日)にかけて最大で6メートルに達するおそれがあるという。

 

 また、あす(4日)までの24時間に降る雪の量は、多いところで、北海道50センチ、東北地方30センチ。その後も北海道から東北では5日にかけて、さらに30〜50センチの雪が降るおそれがあることから、大雪による交通障害や雪崩に注意してほしい。 

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事