火山

ニュージーランド「ホワイト島が爆発」脱出者がとらえたその瞬間(動画)

 ニュージーランド北島できょう(9日)午前10時過ぎ、プレンティ湾に浮かぶ「ホワイト島」の火山が爆発した。地元警察当局によると、噴火発生当時、火口周辺には50人近い観光客がおり、このうち1人が死亡、20人近くがケガをした可能性があるという。

 噴火が発生したのは、ニュージーランド北島の東海岸から48キロ沖に浮かぶホワイト島だ。同国地震調査機関GeoNetによると、日本時間きょう午前10時11分(現地時間午後2時11分)に爆発的噴火が発生し、噴煙が上空3700メートルまで上昇した。

 ニュージーランド警察によると、噴火当時、火口周辺には観光客やガイドなど50人近くがおり、20人近くが重軽傷を負って、海岸付近で救難ヘリの到着を待っている。GeoNetは噴火直後、噴火警戒レベルを5段階中、危険度が2番目に高い「4」に引き上げたが、現在は噴火の規模がやや弱まったとして、「3」に引き下げた。

 

 

 同国の国家緊急事態管理局(NEMA)は、対岸周辺では、上空に噴き上げられた火山灰が飛散する可能性があるとして、マスクや鼻や口にハンカチをあててゴーグルなどで目を保護するよう呼びかけている。

 

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事