火山

口永良部島が噴火「昨年2月以来 11カ月ぶり」噴煙2000m超

 

 きょう11日午後3時5分、鹿児島県の口永良部(くちのえらぶ)島が噴火し、噴煙が火口から2000メートルの高さまで上昇して雲に入った。口永良部島が噴火したのは、昨年2月2日以来。

 

  気象庁によると、噴火は午後6時現在も続いていて、京都大学防災研究所のレーダーでは、噴煙が海抜3000メートルまで上昇したことが観測された。

 この噴火に伴って、火口から大きな噴石が300メートルまで飛散し、隣の屋久島でも火山灰が降った。また噴火が始まる前から、地下のマグマや水蒸気の動きを示す火山性微動が大きくなっていて、噴火の瞬間はさらに大きくなった。

 

  東京大学大学院や京大防災研究所などの観測では、二酸化硫黄を含む火山ガスの放出量が、1日あたり最大1600トンと多い状態が続いており、引き続き、火口から約2キロ範囲では噴石や火砕流への警戒が必要であると同時に、向江浜地区から新岳の南西側の火口から海岸にかけては、火砕流に警戒してほしい。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事