イベント

世界一大きな花「ショクダイオオコンニャク」が開花!強烈なニオイ

 茨城県つくば市の国立科学博物館の植物園で今月18日、世界でも最も大きな花のひとつ「ショクダイオオコンニャク」が開花した。

 

 ショクダイオオコンニャクは、インドネシア・スマトラ島の限られた場所に生えるサトイモ科の植物で、「花」のように見える部分は小さな花が集まった「花序(かじょ)」と言われる、いわば「偽花」だ。

 

 また、腐った肉のような強烈なニオイを放つことから「世界で最も醜い花」という不名誉な名前で呼ばれている。

 同植物園によると、花は今月18日深夜に咲き始め、19日には「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれるすぼまった部分を部分をくり抜いて小窓を開けて、中にある雄花と雌花を覗けるようにした。

 

 咲いた3日目には閉じ始めることから、花が開いた状態を見るチャンスはめったにないが、同園では多くの人に見学してもらおうと、あす21日まで開園時間を延長する予定だ。

 

 

◯国立科学博物館筑波実験植物園

開園時間:午前8時半〜午後5時(通常は午前9時〜午後4時)

茨城県つくば市天久保4-1-1

入館料:一般・大学生320円、高校生以下と65歳以上は無料

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事