リコール

フランス産輸入チョコにカビ「健康被害のおそれ」回収へ

 輸入食品商社「センチュリートレーディングカンパニー」は、フランス産のチョコレートの一部でカビが見つかったとして、商品の回収を発表した。

 

 自主回収の対象となるのは、今年1月に出荷・販売された「クリスチャン・カンプリニ(CHRISTIAN CAMPRINI)」ブランドのトリュフ(税込2916円)、計303個。

 

 これまでに購入者から健康被害の報告はないが、カビが生えたものを食べた場合、健康を害するおそれがあるとして、購入した百貨店に持参するか、ヤマト運輸を利用して料金着払いで下記宛てに送ると、商品代が返金される。

 

【この件に関する問い合わせ先と送付先】

センチュリートレーディングカンパニー

電話:03-3208-5810

受付時間:平日午前11時〜午後5時

〒160-0022

東京都新宿区新宿5-17-11白鳳ビル4階

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事