環境

悲報「花粉はもう飛んでいる」東京は10年平均より2週間早い

 2月に入ってから「なんだか目がショボショボする」と不調を感じているあなた、正解です!東京では今月3日から花粉の飛散が始まっているのだから…。

 

 日本アレルギー協会では、1月以降に1平方cmあたり、1個以上のスギ花粉が2日以上連続して観測された最初の日を「飛散開始の日」と定義している。

 

 東京都福祉保健局によると、多摩西部の青梅市と多摩東部の八王子市では今月3日からスギ花粉の飛散が始まった。過去10年間の平均より14日早く、昨年(2月11日)より8日早い記録だという。

 

 気になる飛散量だが、日本気象協会の予想では九州から関東甲信地方にかけては例年より少なくなるものの、東北地方北部ではやや多くなる見通しで、ピークは2月後半から3月に入ってからのところが多い。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事