IT

新型コロナ「保健所などを装った攻撃メールに注意!」情報処理推進機構

 

 国内各地で新型コロナウイルスの感染があいつぐなか、消費者の不安な気持ちにつけこんで、保健所を装った悪質なウイルスをばらまく攻撃メールが出回っているとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけている。

Emotetとは

 これは、「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙った不正メールで、受信者が過去にやり取りしたことがある実在の相手の名前やアドレス、やり取り内容の一部を引用しているため、正規の返信だと勘違いして添付ファイルを開封。するとウイルスに感染し、次は新たな攻撃メールの材料とされてしまう悪循環が生まれているという。

 

 不正な添付ファイルには、MicrosoftやOfficeのロゴのほか、英語のメッセージが書かれた文書が表示されていて、「Enable Editing(編集を有効にする)」と「Enable Content(コンテンツの有効化)」のいずれかのボタンをクリックするよう指示が書かれており、ウイルスに感染するよう誘導される。

受信者がやり取りした相手を装う

 とくに、国内で新型コロナウイルスの感染が始まった先月末からは、保健所などを装って「感染予防対策」を指示する文書ファイルに誘導させる手口が目立ってきているという。

 

 IPAセキュリティセンターは、「昨年12月時点では、『賞与支払届』などのタイトルで、疑いもなく業務上開封してしまう巧妙な手口がみられた。今後も手口を変えて、同じような攻撃メールが出回るだろう」と指摘。

 そのうえで、セキュリティソフトがウイルスを検知できるようになるまではタイムラグがあるが、このタイプの不正ファイルは基本的にはファイルを開いただけではウイルスに感染することはないが、文書内で「コンテンツの有効化ボタンをクリック」するよう指示された場合は、絶対に触らないよう注意してほしいと呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事