感染症

新型コロナ「感染爆発 重大局面」東京・上野の病院で11人集団感染 都内全国最多(動画)

 

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる問題で、東京都は25日、都内で新たに41人の感染が判明したと発表した。患者のうち11人は、台東区内の医療機関の医療従事者や患者ら11人で、残る30人については海外渡航歴がある5人を除くと感染経路が不明だという。小池百合子都知事は緊急記者会見を開き、「感染爆発の重大局面だ」と述べたうえで、週末は当面の間、不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。

 

 東京都によると、今週に入ってから新たに感染が確認されたのは、23日は16人、24日に17人、25日は41人と、これまでに国内で自治体が発表した1日あたりの感染者数として最多となった。この3日間の感染者は74人にのぼり、都内の感染者数212人の3割にあたる。

 

 25日に感染が明らかになった41人のうち、11人は、台東区東上野の永寿総合病院に勤める40代の医療従事者と、50〜90代の患者10人だ。都は院内感染の可能性が高いとして、すでに医療法にもとづいて立入検査を実施し、院内の状況をチェックした。同病院では当面、外来診療を休止して院内の消毒を行い、すべての入院患者と職員にPCR検査を実施するとしている。

 

 小池都知事は会見で「今は感染爆発の重大局面だ」と述べて、「オーバーシュート(爆発的な感染拡大)を防ぐため、危機意識を持って行動してほしい」と都民に呼びかけた。

 

 

 さらに「平日はできるだけ仕事は自宅で行い、夜間の外出は自粛し、週末は不要不急の外出を控えてほしい」と要請した。そして今週末28日に文京区の後楽園ホールで予定されていた格闘技のイベント「K-1」については、無観客による開催を主催者側に要請したと明らかにした。

 

 東京都の感染症対策をめぐっては今週23日、「公衆衛生上の対策を何もせずに爆発的に感染が拡大すれば、首都封鎖(ロックダウン)もありうる」と発言して、波紋を呼んだ。昨夜の会見ではあらためて、4月12日ごろにかけて、夜間や週末の外出自粛を呼びかけ、平日は自宅などで仕事する「テレワーク」への協力や、飲食などの少人数の集まりについても自粛を要請している。

 

 また大学についても新学期の授業開始の時期を先延ばしにするよう協力を求めるほか、海外からの帰国者に対しては14日間の外出自粛を要請している。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事