防犯

「コロナ検査に1万円で協力を」ウソつき男が少女にタッチ 国分寺市

 今月25日、東京・国分寺市で遊んでいた小学生の女の子が、面識のない若い男から「コロナウイルスの検査をしているので協力してほしい」などと声をかけられ、体に触られる被害にあった。警察が東京都迷惑防止条例などの容疑で、男の行方を追っている。

 

 事件があったのは、25日午後4時半ごろ、国分寺市東元町2丁目3番地の路上で、女児が遊んでいたところ、不審な男が近づき「コロナウイルスの検査をしています。1万円で協力してください」と声をかけた。

 

 小学生が興味を示すと、男は女の子の体に触り、抵抗されると現場から逃走したという。不審な男は年齢が20歳前後と若く、身長は165センチくらい、黒いパーカーと黒いズボンを身につけ、髪は短く、メガネをかけていた。

 

 現場は国分寺市立第一小学校近くの住宅街で、警察がパトロールを強化するとともに、春休み中の児童生徒に対して、不審者への注意を呼びかけている。



【問合せ先】小金井警察署 042-381-0110 (内線2162)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事