震災復興

しまじろうチャリティー絵本「じしんのときの おやくそく」25日に発売

 ベネッセコーポレーションは25日、同社の子供向けキャラクター・しまじろうを主人公とした東日本大震災のチャリティー絵本「じしんのときの おやくそく」を発売する。

 

 この絵本は、ベネッセコーポレーションのアニメや教材に登場するしまじろうを主人公にして、万が一の地震のとき、どんな行動をとったらよいか、子供たちにもわかりやすい表現でまとめたもの。

 

 東日本大震災の被災地の声や防災専門家の意見を反映して制作されており、子供たちがどれだけ内容を理解したかを確認するクイズページも付いている。

 

 子供向け教材の「こどもちゃれんじ」を提供する同社では、同サービスの25周年を記念して、今回の絵本を販売。「3年目の復興支援を通じて時間が経った今だからこそ、命を守る大切さをもういちど考え、親子で防災について考えていただく」きっかけを提供したいとし、絵本の収益はすべて被災地の遊び場支援のために使用されるとのこと。

 あなたにオススメの記事