気象

東京23区など大雨洪水警報 大島・新島に大雨警報

 台風27号の接近にともない、気象庁は25日午後6時55分現在、東京23区・多摩地域に大雨洪水警報、伊豆諸島北部に大雨警報を発令し、低い土地の浸水や河川の増水に注意を呼びかけている。

 

 東京23区は、中央区、世田谷区、杉並区、練馬区、墨田区、江東区、足立区、江戸川区以外の15の区で大雨(浸水害)洪水警報が出されており、多摩地域も北部を中心に15の地域に大雨(浸水害)洪水警報が出されている。

 

 また伊豆諸島北部でも、大島に大雨(土砂災害、浸水害)警報、新島に大雨(浸水害)警報が出されている。

 

 台風27号が日本の南海上を通過するにつれて、あす(26日)午後6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多いところで、伊豆諸島が250ミリ、関東甲信地方が200ミリとなっており、首都圏は、今夜からあすにかけて厳重な警戒が必要。

 あなたにオススメの記事