気象

低気圧 急速に発達 北日本で暴風・高波に警戒

 気象庁は、急速に発達する低気圧の影響で、北日本は7日からあす8日にかけて、非常に強い風が吹き、海上は大しけになるとして、暴風や高波への警戒を呼びかけている。

 

 この低気圧は7日に日本海を東北東へ進み、8日にかけて北海道付近を通過しながら、急速に発達するとともに、7日には前線も東北地方と北陸地方付近を通過する見込み。

 

 このため7日夕方から8日昼前にかけて、北日本では日本海側と海上を中心に、非常に強い風が吹き、北海道の海上では7日夜遅くから大しけになると予想される。

 

 7日から8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方の陸上で23メートル(35メートル)、海上で25メートル(35メートル)、東北地方の陸上で18メートル(30メートル)、海上で23メートル(35メートル)となっている。

 

 また7日から8日にかけて予想される波の高さは、北海道地方で6メートル、東北地方で5メートルとなっている。

 あなたにオススメの記事