FUKUSHIMA

原発50キロ圏の仙台市 空間放射線測定のモニタリングポスト設置へ

 仙台市の地域防災計画の原子力災害対策編の暫定計画を策定する作業部会は25日、原子力発電所等の事故で放射能漏れが起きた際に、空気中の放射線量を自動的に監視するための装置、モニタリングポストを市内に設置する案を決めた。

 

 仙台市は、宮城県女川町と石巻市にまたがる東北電力女川原発から50キロ圏内に立地。東日本大震災では、東京電力福島第一原子力発電所から約50キロの福島市が、避難者の受け入れや除染対策の実施等で重大な影響があったり、仙台市でも約90km離れた仙台市でも様々な対応が迫られた。この教訓から、仙台市民105万人の安全を確保するために素早く情報収集できる手段のひとつとして、整備を検討していた。

 

 市では今後、国や県、その他関係機関との調整を進めていく。

 あなたにオススメの記事