FUKUSHIMA

福島第一 タンク堰から1.6トン漏洩 基準9倍の汚染水

   東京電力は21日、福島第一原発の汚染水をためた地上タンクを囲む堰(せき)から、放射性物質を含む約1.6トンの水が外に漏れたと発表した。


   東電によると、21日午後4時15分ごろ、地上タンク群のある「H5」エリアの西側で、堰の基礎の継ぎ目から水が漏れているのを東電社員が発見。午後6時ごろまでに土嚢やビニールシートを設置したが、それまでに最大1.6トンが地中に染み込んだとみられる。


   漏れた場所の堰内の水を調べたところ、ストロンチウム90が1リットルあたり93ベクレル検出された。堰からの暫定的な排水基準は同10ベクレルで、9倍にあたる。

 

   タンク内の汚染水はストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が同約3億6000万ベクレル含まれ、濃度が異なるうえ、水位にも変化がないため、東電はタンクからの漏洩はなく堰にたまった雨水が漏れたと分析。


   堰内には10センチほどの雨水がたまっており、東電は仮設ポンプで別のエリアに雨水を移送。今後、漏洩の原因を調べるとしている。

 あなたにオススメの記事