火山

インドネシア ジャワ島東部で大噴火 6万人超が避難

 インドネシア・ジャワ島東部のケルート山で大規模な噴火が始まり、政府は半径10キロ圏内の住民6万人超に避難命令を出した。

 

 地元メディアは、ケルート火山は、10日ほど前から火山活動が活発化していたが、昨夜(13日)から大規模な噴火が始まり、午後10時50分(現地時間)に起きた噴火では、ジャワ島中部でも感じる規模の地震が噴火前に発生、噴火の爆発音は200キロ離れた場所でも聞こえたと伝えている。

 

 噴煙は上空1万メートルに達し、火口から半径50キロ圏内は火山灰や噴石が降っているとのこと。

 

 ケルート火山は2007年に大噴火が起きており、避難命令を無視した住民数百人が犠牲になっている。

 あなたにオススメの記事