宇宙

砂ぼこりまで見える?!月面の詳細画像をNASAが公開

   米航空宇宙局(NASA)は、1ピクセルあたり2メートルという超高解像度でとらえた月面の詳細画像を公開した。


   撮影したのは、NASAの月探査機「ルナー・リコナサンス・オービター」(LRO)。2009年から4年かけて撮った1万枚以上の写真に高度計データなどを合わせ、月の北極を中心に250平方キロメートルに及ぶ範囲をとらえている。


   画像はLROのサイトで、Googleマップのように自由に移動して見ることができる。思い切りズームすると、クレーターの凹凸の砂ぼこりまで見えそうな精密さで、自宅にいながら”月面散歩”が楽しめそうだ。

 あなたにオススメの記事