経済

NYダウが過去最高値を更新 一時1万6978.02ドルへ

 20日のニューヨーク証券取引所は、米経済指標の発表などはなかったものの景気回復への期待感が広がっているなどとして買い注文が優勢となり、ダウ平均株価は一時1万6978.02ドルと過去最高値を更新した。

 

 ダウ平均株価は、9日に1万6970.17ドルと過去最高値を更新した後は売りが先行して、11日と12日の2日間で200ドル以上の大幅な下落をしていたが、米景気の回復やFRBによる金融緩和継続への期待感などから13日に再び上昇へ転換。

 

 20日になって過去最高値を更新する1万6978.02ドルを記録し、最終的には前日比+25.62ドルとなる1万6947.08ドルで取引を終えた。

 

 また、ハイテク銘柄を中心に扱うナスダックでは、19日に過去10年間での最高値となる4372.18ポイントを記録しており、20日は前日比+8.01%となる4368.04で終了している。

 あなたにオススメの記事