医療技術

エボラ出血熱 仏への「上陸」の可能性は75% 英は50%

 リベリアから入国した患者によって、アメリカで最初の感染が確認されたエボラ出血熱をめぐって、米大学教授らの研究チームは、これまでの感染パターンや航空ネットワークなどのデータをもとに、エボラ出血熱が今月24日までにフランスに上陸する確率は、75パーセントに上るという予想を発表した。

 

 これは、ノースイースタン大学のアレックス・ヴェスピニャーニ教授らの研究チームによるもの。10月1日現在の感染状況を分析して、国際的な感染拡大のリスクを予想したところ、10月24日までにエボラ出血熱の感染が上陸する確率は、アフリカを除くと、フランスで75パーセント、イギリスで50パーセント、ベルギーが40パーセントとなり、スペインとスイスは14パーセントだった。

 

 研究チームによると、エボラ出血熱の感染が最も深刻な西アフリカはフランス語圏であるため、フランスへの航空ルートが多いことなどから同国への感染拡大の確率が高いと分析。ただし、この数字は、国際便が従来どおり100パーセント稼動した場合を想定したうえでの算出としている。

 

 多くの航空会社が感染地域への運航を停止している現状を考慮して、稼働率が8割減少した場合を想定したところ、フランスの感染確率は25パーセント、イギリスが15パーセントに下がった。

 

 研究グループでは今後も感染状況の変化に応じて、その都度シミュレーションを行っていく方針。

 

 

 あなたにオススメの記事