気象

北日本から西日本にかけての日本海側で大雪のおそれ

 強い冬型の気圧配置となっている日本列島では、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に大雪となるおそれがあるため、気象庁では大雪による交通障害やなだれ、着雪に対する警戒を呼びかけている。

 

 北日本と東日本では上空5500メートルに氷点下36℃、西日本では氷点下30℃以下の寒気が流れ込んでおり、現在、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に広い範囲で雪が降っている。

 

 このため西日本の日本海側では7日朝にかけて、北陸地方と北日本の日本海側では7日昼前にかけて大雪となる見込み。7日午前6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで北陸地方が80センチ、北日本の日本海側が60センチ、西日本の日本海側が30~50センチとなっている。

 

 また、6日には東海地方や西日本の太平洋側でも雪の降るところがあり、山地を中心に10~15センチの降雪量が予想されており、気象庁では大雪による交通障害やなだれ、着雪に対する警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事