気象

日本海側で大雪続く恐れ 山沿いで1m超の積雪も記録

   強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から近畿地方にかけて日本海側を中心に雪が降り、7日夕方にかけて大雪となるところがあるとして、気象庁はなだれや着雪に注意を呼びかけている。


   気象庁によると、北日本と東日本の上空約5000メートルに氷点下30℃以下の寒気が流れ込んでおり、新潟県など日本海側の多いところで7日朝までの24時間に50センチ以上の降雪を観測した。


   また、7日午前9時現在、青森県の酸ヶ湯温泉で118センチ、岐阜県白川村で105センチ、新潟県津南町と山形県大蔵村で103センチなど、山沿いを中心に1メートルを超える積雪を記録している。


   冬型の気圧配置は西から次第に緩むとみられるが、北日本から近畿地方の日本海側では雪の降りやすい状況が続く見込み。8日午前6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、東北日本海側で40センチ、北陸地方で30センチ、近畿地方で15センチとなっている。

    

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事