トピック

“ハルマゲドン”旋風を起こしたSF作家・平井和正さん死去

 漫画『8(エイト)マン』の原作や石ノ森章太郎と組んだ『幻魔大戦』シリーズなどで人気を博したSF作家、平井和正さんが17日午後8時過ぎ、急性心不全のため神奈川県鎌倉市内の病院で死亡した。76歳だった。

 

 神奈川県横須賀市生まれの平井さんは、中央大学在学中の1961年、『殺人地帯』が「SFマガジン」第1回空想科学小説コンテスト奨励賞を受賞して、翌年作家デビュー。

 

 193年に原作を担当した漫画『8マン』は、その後、自らが脚本を手がけてアニメ化され、当時裏番組だった『鉄腕アトム』と人気を二分した。1971年には狼男、犬神明を主人公にした『ウルフガイ』シリーズが当時の若者から絶大な支持を受けた。

 

 石ノ森章太郎と組んだ漫画に基づく『幻魔大戦』シリーズでは総計2000万部を超える大ベストセラーを記録し、1983年にアニメ映画化された。この作品のキャッチコピーで使われた“ハルマゲドン(最終戦争)”は、後には1995年の地下鉄サリン事件以降、オウム真理教がその教義のなかで主張するなど、若者に広く影響を及ぼした。

 

 1994年には日本で初の本格オンライン小説の連載を開始するなど、メディアミックスの先駆けといえる数々の作品を残した。なお、告別式は親族のみで行う。

 あなたにオススメの記事