防災知識

災害時の通信確保に向けて KDDIとドコモが海保と相互協力

 大規模災害が発生したときの通信サービスの確保に向けて、海上保安庁は、KDDI、NTTドコモとそれぞれ相互協力を行う「災害協定」を結んだと発表した。


 「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定(災害協定)」は、大規模災害が発生した際に、KDDIとNTTドコモは人命救助活動に必要な通信手段として、衛星携帯電話や携帯電話などの通信機器を海上保安庁に提供する。

 
 一方、海上保安庁は両社が災害発生地において通信手段を確保するために、物資や人員の輸送などで協力する。


 今後は海上保安庁が両者と定期的な訓練などを通じて連携強化をはかっていくとしている。

 
 災害協定の締結について、KDDIは「今後発生が予想されている首都直下地震や南海トラフ地震などの大規模災害時に、通信確保に向けた広範な相互協力を行い、迅速な復旧活動を図る」とコメント。NTTドコモは「昨今の台風や大雨等といった多くの自然災害においても、迅速な復旧や支援活動を行えるよう関係機関との幅広い連携強化が必要だ」と話している。


 なお、ソフトバンクモバイルは昨年12月に海上保安庁と災害協定を締結している。

 あなたにオススメの記事