防災知識

世界初 土の水分量から土砂災害の危険性を解析する技術を開発 NEC

 土砂に含まれる水分量を解析することで、土砂崩れの危険度をリアルタイムで高精度に算出する新技術を開発したと、NECが13日発表した。


 「土砂災害防止法」で指定された「土砂災害危険箇所」エリアは、国内に約52万カ所と広範囲に及ぶ。


 斜面が崩壊する危険度を計算するには、降る雨の量で刻一刻と変化する土砂の「重量」や「水圧」「土砂の粘着力」「土砂の摩擦」などのデータが必要だが、これらのデータをリアルタイムで得るには、それぞれ専用のセンサーを設置する必要があり、コスト面などで課題がある。


 NECが開発した新技術は、「土砂に含まれる水分量」を計測するだけで、リアルタイムで斜面の危険度を算出できるのが特徴だ。センサーの数は、約3分の1まで減らすことができるため、従来と同じコストでより広範囲にセンサーを設置できるようになる。


 人工の斜面を使って「危険度」を算出する実証実験を行った結果、「土砂災害の危険性あり」と判定した10~40分後に、実際に斜面崩壊が発生することを確認したという。


 NECでは今後、自治体や大学、研究機関などと共同で実証実験を進め、今年度中の実用化をめざすとしている。

 あなたにオススメの記事