• 防災知識

知ってますか?被災時にあなたのペットは避難所に一緒に入れません【動画】

 大災害が発生すると、政府や自治体が守ってくれる。それに過不足があったとしても、その努力はしてもらえる。しかし、その救いの手はペットは差し伸べられない。
  日本は、現在すさまじいペット大国となっている。日本の人口は、2011年時点で約1億2千8百万人。そのうち15歳以下の人数は約1800万人だ。これに対し、ペットの数は約2千150万頭(いずれも2010年)。「子供」よりも「ペット」のほうがよほど多いのが日本という国なのである。
  災害が発生すると人だけでなくペットも被災することになる。しかし、国、地方公共団体が災害時に動物を救護しなければならないという法的根拠は実はいまだないのだ。 結果、東日本大震災でも数多くのペットが避難後の家に置き去りにされ、つながれたままの餓死など、多くの悲劇が起こった。 震災時、ペットを飼っている家庭の多くは、ペットも連れて近くの避難所に避難する、いわゆる「同行避難」を選択するだろう。 しかし、全国で、この「同行避難」を認めている地方自治体はほとんどないのだ。 この現状に対し、各自治体や動物愛護団体、獣医師会などが、ペットの防災対策について議論を深めているが、現時点では、みなさんの住んでいる場所の避難所には、少なくとも公式的にはペットは同行できないと思って間違いない。

 そんな中、避難所でのペット受け入れを「事実上」認め、避難所に指定されている49の学校に「ペット同行避難」のマニュアルを配布している全国でも画期的な「ペット防災先進地域」である新宿区の保健所職員 高木優治さんを招き、11月3日に、東京都目黒区で「いざという時に災害からペットを守るための講演会」(主催・目黒区都会の猫を考える会/後援・目黒区)が開催された。
  高木さんは講演でも、大規模災害においては、新宿区を始め、行政がペットに対して全く何もしないというわけではないものの、じかに動物を救護することはないという現状を改めて述べ、災害発生時におけるペットの救護は、飼い主を中心として「自分たちでやる姿勢が必要」と言う事を強調した。
  阪神・淡路大震災や中越地震において人とペットが一緒に避難する「同行避難」が行われており、新宿区獣医師会のアンケートでも「ペットと共に避難したい」という声が70%以上を越えていることから、区では事実上避難所にペットを受け入れることを前提としている。 他の自治体、地区でも、例えば「首都直下地震」や「南海トラフ巨大地震」のような大規模災害が発生した場合に、事実上、ペット受け入れを容認してくれる避難所も出てくるだろう。(ただし、その時に受け入れを拒否された場合は、その判断に従うしかない現実はよく認識していただきたい)

 ここからは、仮に「避難所が受け入れてくれた」としての仮定の話である。

  避難場所に人と動物の居住スペースを一緒に設ける必要ある上、動物由来 の感染症のリスク、動物が嫌いな人や動物アレルギーを持つ人の存在などの問題もあり、実際は同じ避難所敷地内の別の場所にペット用の区画を作ることにな る。だが、一応の隔離を行っても、動物の鳴き声や糞尿などで動物嫌いの人やアレルギーを持つ人との軋轢が生じる可能性は存在する。 実際、東日本大震災でも同行避難したペットにまつわるトラブルは多数報告されている。 そもそも避難所は住民が自主的に運営する形になっているため、そういったトラブルに対して役所が介入することは難しい。

  だが、新宿区でペットの防災訓練を開催した際、地震を疑似体験できる 起震車と火災時の煙を体験できる「けむりハウス」に犬を入れたところ、どちらのでもすべての犬は飼い主の横でじっとしており、「飼い主が慌てなければ、そ の飼い主と信頼関係がある犬はパニックを起こさなかった」という。飼い主とペットの信頼関係が日頃から築かれていれば、避難所でペットがパニックを起こさ ず、鳴き声などのトラブルを防ぐことができるのではないか。
 また、近隣住民と良好な関係が築かれていれば、仮に家族全員が怪我を負ってしまっても近所の人が「あそこのワンちゃんなら知ってるから面倒をみてあげよう」となり、近隣の人たちと生活することになる避難所での軋轢が軽減されたりすることにもつながるという。

「ハザードラボ地震予測キャスター」森田みいこさんによる会場レポート

 

ページのTOPへ